佐賀県 木漏れ日の国見山~腰岳(2021年4月18日)


腰岳からの風景
西九州自動車道は高規格幹線道路網の一環として、福岡市から唐津市・伊万里市・佐世保市を経て武雄市に至る延長約150kmの自動車専用道路・・(国土交通省佐賀国道事務所のHPより)

その西九州自動車道は現在 唐津・伊万里付近は無料区間である。 無料区間をピューっと利用して福岡市から2時間弱 国見山へ登るべく栗ノ木峠へやって来た。

 我がふる里 長崎県と佐賀県の県境である。県境だからと言って なんて事は無いのであるが 長崎県の文字を見るとノスタルジックになる 元少年だ(爆)



栗ノ木峠よりスタートするも 地面は朽ち落ち葉 緑の木々の間からは時折青空 暑くもなく 寒くもない 実に心地よく歩ける。


 山頂直下(300m手前)にはお手洗いも設けてあり 優しさ満載の国見山である。


この看板によれば、この山の登山口:栗ノ木峠から始まった九州自然歩道の長崎ルートは この後、西海橋~西彼杵半島~長崎市街~雲仙~口之津と続くそうだ。

 以上 長崎出身の  元青年です(笑)


山頂からの風景は 少しモヤってしていましたが 西九州の海岸沿いが望めてこれまた満足でした。

下山時も木漏れ日の中を 朽ち落ち葉の感触やツツジを鑑賞しながら 無事下山しました。



下山後は 腰岳への中間点付近 レストラン「石けり」にて 


美味しい伊万里牛を食し、山の中腹にあるトラピスチヌ修道院の駐車場へお世話になる。

いよいよ腰岳へ向けてスタート

修道院のフェンス沿いに歩きだすと シャガがフェンスからかを出していた。


ここからも途中少しだけ急峻なところが有るも 気持ち良く登れる腰岳です。





山頂へ這い上がると 今しがた登った山、そして反対側には黒髪山の山々が見える。

下山は少しショートカット気味に歩いたりして。。。


下山してきました。


この付近の山 残り3座で「佐賀県の山」も終了だ。

もう少し 佐賀県の山にお世話になります 宜しくお願い致します。

12回の閲覧0件のコメント