脊振山周辺の秋(2021年11月3日)

 

 本日は季節の風景や花を求め 少し長歩きをします。


福岡市から三瀬峠を経て 佐賀県神埼市側から登って来ました🚙💨 脊振山山頂広場です

脊振山山頂広場からキャンプ場を通って気象庁道路へと 

いつもの下りから始まる登山です(笑)


赤や黄色に色付いた木々達を眺めながら・・

 

 気象庁道路は舗装工事により綺麗になっていました。 真っ黒なアスファルト道と濡れ落ち葉が印象的でした。




矢筈峠~日本庭園~唐人の舞~見晴らし台~椎原峠と何度も通っている登山道でありますが ミヤコザサも刈り込まれ とても歩き易くなっています。




唐人の舞

まゆみの熟した実は 今年は全く見れず残念


唐人の舞のイヌツゲ?の実は鈴なりです



ヒヨドリバナ


椎原峠が見えて来ました。



椎原峠西から佐賀県側へ更に下って行きます。


800m程で左へ折れる林道に出合います。 その林道をキョロキョロ 車も何も通らないことをいい事に 草花を探して緩やかに下って行きます。


 ナギナタコウジュ・ノササゲの実・メナモミ・ヤクシソウ・ガンクビソウ・イヌコウジュなど 秋の草むらは賑やかです。

時々、こんな処に と思うような獲物を見つけたりして。。。トマトも登場しました(笑)



 車の心配もなく 寝っ転がって花と遊べます。


 ほどなく三瀬トンネル有料道路料金所付近から始まる 林道?(広域基幹林道金山脊振線)に出合います。この道路も殆ど車は通りません。 本日は全く見かけませんでした。



さらに進むと県道脊振山公園線と合流します。神埼市方面から車で脊振山へ上がる幹線道路です。この付近が今回の山行での最下点で ここからは標高を一気に350m程登りあがります。


でも県道歩きは約500mで、すぐ田中登山口が見えて来ます。


ここからは また登山道の山道 夏涼しく歩ける川沿いを上がって行きます。標高が上がるにつれ木々達もまた赤や黄色に染まって来ます。




 と言いながらも久しぶりの12キロ歩きは 少しくたびれました。


たにし仏から 最後の階段を登り 本日の山歩きは終了です。


脊振山付近の紅葉 一つ一つの葉っぱは少し枯れ葉 という感じですが 遠目には十分楽しめました。  ありがとうございました。



閲覧数:11回0件のコメント